ひとり旅を楽しむことは、自分を楽しむこと!

「女性のひとり旅って何となく寂しそう」「友達がいないのかしら」というイメージは、もう昔のこと。若い世代からシニア世代まで、また「ホッと一息」つきたい子育て世代という風に、多くの女性がひとり旅を楽しんでいます。ひとり旅の最大の魅力は、自由ということです。家族や親しい友人と一緒でも、やはり気兼ねすることもあります。でもひとり旅なら、食事も行き先も自分の好きにできるのです。ひとり旅を楽しむコツは、何かテーマを決めることです。マニアック風な趣味を楽しむ、その土地のグルメを味わうなど、テーマを決めると、旅の準備段階からワクワクできますよね。しかしすべての行動に責任を持つ、ということも忘れてはいけません。移動手段や宿泊先は、決めておくと安心ですしトラブル防止にもなります。また荷物をコンパクトにすることも重要です。宿泊先のアメニティ情報などを事前に調べておきましょう。

ひとり旅だからこそ、マナーもスマートに!

旅は、いつも楽しいもの。気兼ねする同行者のいないひとり旅は、特別の楽しさがあります。とはいっても羽目を外すことが、マナー違反や危険につながることもあります。ちょっとした心がけで、危険を回避できるのです。例えば夜だけではなく日中でも人通りが少ない場所を避けることです。土地勘のない場所で道に迷うことは、危険につながる可能性があります。夜間にひとりで歩くことやタクシー乗ることも、慎重になる必要があります。また外出先でお酒を飲み過ぎて酔ってしまうことは、マナー的にも問題ですし危険です。自分の加減を知って、適度な飲酒を心掛けたいものです。携帯電話や貴重品の管理も、気をつけましょう。このようにマナーや危険を意識することで、女性のひとり旅はもっと楽しくなります。時間にも気持ちにも余裕を持って、自分を楽しむ旅に出かけてみませんか?